バストの大きさは遺伝で決まる? (コラム)

女性にとっては、バストの大きさは悩みの種ですね。

バストの大きさは遺伝で決まるのでしょうか?

後天的な理由とは何があるのでしょうか?

バストの大小は「遺伝」の影響が30~40%程度と言われています。

「遺伝」の影響を受けているのは、「太りやすい」「太りにくい」など体質の部分です。

その場合、バストは体の一部なので、その遺伝の影響を受け「脂肪が付きやすい」「付きにくい」など、当然、バストの大小にも影響します。

それ以外の60~70%は「生活習慣」で後天的な理由です。

バストの大きさを決める、主な要因は「生活習慣」なんです。

みなさんの生活習慣や食事などが大きく関係しています。

生活習慣を改善すれば、バストを大きくする事ができるのです。

バストの大小は乳腺の太さで決まります。

女性の体は、乳腺を守る為、脂肪を乳腺の周りにつけていきます。

乳腺は太ければ太いほど、周りにつく脂肪の量も多いのです。

そして、乳腺を太くするのは女性ホルモンです。

女性ホルモンには乳腺を発達させる働きがあり、女性ホルモンの分泌量が多い女性は、乳腺が発達して太くなる為、バストも大きくなるのです。

女性ホルモンの分泌量を減らす原因が、生活習慣の乱れやストレスです。

女性ホルモンはとても繊細で、ちょっとした生活のリズムの乱れも影響します。

十分な睡眠はとれていますか?

寝る時間や起きる時間は不規則になっていませんか?

体内時計が乱れると、慢性的な身体のストレスになり、ホルモンバランスを崩します。

規則正しい食事をしていますか?

1日3食なるべく決まった時間に食事をしましょう。

バランスのとれた食生活をしていますか?

食事制限など、無理なダイエットをしていませんか?

必要な栄養を正しく摂取できていないことも、ホルモンバランスの乱れにつながります。

豆類のイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、積極的に取りましょう。

また、ストレスを溜めることもホルモンバランスを乱してしまいます。

ストレスを溜めないように、自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。

また、就寝時間と起床時間を一定にする事は自律神経を整え、ストレスの解消にもつながります。

それらの生活習慣を改善して女性ホルモンの分泌を増やせばバストは大きくなります。

正しい生活習慣と正しい食生活で、バストアップをしましょう。

ヴィアージュは「美胸メイク」できるナイトブラ!!
今なら、プレゼント特典付きで購入できるチャンスです。

ヴィアージュをお得な割引で購入はこちらから!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする